Browse Month: 8月 2016

公務員との結婚を夢見る女性と、結婚したい公務員男性

2016-07-15_181509

やはり、女性は結婚相手に安定を求めます。

公務員となると、身分と収入が安定し生活自体に困ることが無いと結婚相手に選びたい職業となっています。

しかしながら、公務員の男性は未婚者が多く、結婚したくても出来ていない現状があります。

それは何故でしょうか?

それは、公務員と結婚したい女性と、結婚したい公務員男性の結婚相手に望む事が一致していないと言う事があります。

では、何が一致せず、双方の結婚が進まないのでしょうか?

公務員と結婚したい女性の願いを叶える、公務員男性の結婚相手に望むこととをリサーチしましょう。

 

公務員男性が婚活女性に求めたいこと

1.自立した女性であること

公務員の男性は、真面目で堅実で、働きものと言う特徴があります。

自分自身がそうである分、付き合う相手や結婚相手にも真面目で誠実であることを望みます。

自分の事が自分で出来て、自立した女性に魅力を感じます。

なので、公務員男性と結婚したい女性は、自分のしたい職業について、自分で生計を立て自立した生活が出来ている事が必須要件となります。

親の脛かじりや、結婚後は自分に頼りきりといった重たい、荷物に感じてしまう恐れのある女性には惹かれない、靡かないのが結婚を望む公務員男性です。

 

2.清潔感があり、女性らしさを持っていること

古臭いと感じるかもしれませんが、この考えこそ、公務員男性と結婚できない理由です。

保守的な考えの多い公務員男性、それも30代中ごろから後半、40代前半男性となれば、「女性とはこうあるべき」「女性たるもの」という考えを持っていることが多い現状があります。

自分が伴侶として一緒に歩いたり、人に紹介する上で恥ずかしくない女性を求めています。

そんな公務員男性を結婚したいのであれば、奥ゆかしさを持っておいた方がよさそうです。

男性をたてられる温かみある女性、ギャルのようにケバケバしくなく、人目に見ても清潔感ある女性であることを求めているようです。

 

3.自分と言う人格を持つこと

奥ゆかしさのなかに、たくましさが必要とされる公務員男性の求める女性像です。

優柔不断、決められない女性は、重荷、関わるのかしんどいと感じることがあります。

社会進出し、最近の未婚女性は、自分と言う人格を持って社会で活躍している事が多くなっている為、この部分はパスしている女性もたくさんいます。

ですが、それが原因で破談になることがあります。

自分をアピールしすぎることです。

「奥ゆかしさ」が大切となり、自分をたててくれるけれど、「自分」を持っていることが必要なのです。

そこが公務員男性と結婚することが難しいところなのです。

相手を如何に大切に思い、導けるか、もし、自分に過ちがある時、自然にそっと言葉を添えてくれるような配慮のできる女性を求めています。

自分の能力アップ、綺麗を保つ仕草、仕事を頑張る姿勢を見せつつ、男性側を前に押し出せる力を持った女性が公務員男性に好かれます。

 

公務員男性の注意点

公務員男性が安定している、身分保障されていると言っても、そんなに優遇されていない事を知っていますか?

公務員男性の給与や年収について知っていますか?

そんなに良いものではない事を知って、公務員男性を理解してください。

確かに、公務員で勤めあげたら、退職金は大きいかもしれません。

でも、結婚しようとする20代後半、30代公務員男性がそんなに充分年収を持っていると思ったら大間違いです。

公務員は、着実な昇給と賞与がありますが、初めから良い給与ではありません。

初任給はとてもじゃないけれど、民間王手より少ないことが分かりきっています。

初任給17万円や18万円程度で、賞与が年間4.0カ月を下る程度の公務員が多い現状があります。

それを12カ月の給与と、賞与で換算すると年収300万円を下ります。

年に1万円ずつ昇給したとしてもそう多くはなりません。

公務員と結婚すると安定した収入が得られますが、充分な所得がイコールにはならない事を理解した方が良いと言う事になります。

自分も好きな事を職にして働き続けたい女性は、公務員男性と結婚できたら安定や安心が十分に得られるかもしれません。

 

まとめ

公務員と結婚したい人の中には、公務員イコール給与が良くて、自分が専業主婦になっても問題ないと思っている女性も少なくありません。

ですが、それがそうではないという事実があります。

絶対に無くならないし、突飛押しもない事をしなければクビになる事もありませんが、収入がめちゃくちゃ良いことは無いのです。

そこのところを理解して公務員との結婚を目指すことをお勧めします。

また、公務員男性の考えは、硬い、古いと言われることがあります。

この事実を踏まえて、公務員男性との結婚生活を想像してみてください。

公務員で未婚で結婚したい男性は、少し頭を柔軟にし、視野を広げて女性を見る視線を持てば、もっとストライクゾーンが広がるかもしれません。

男性は色気に敏感!内面からのセクシーさを醸し出して

自分を綺麗にする意識を持つだけで褒められる回数も上がるし心地よくなって楽しくなります。

その意識が内面から出てくる「色気」につながってきます。

男性は色気に敏感です。

職場の同僚などにもいつもと違って何か色っぽいなと思わせたらしめたものです。

計算や打算なくてありのままの自分を好きになって欲しい、自然に気の合う人と何となく付き合いたいという女友達に限って行動力もなく、男性の方からアプローチしてくるの待ってばかりな気がします。

しかもなぜか面食いで高望みしてる場合が多い気がします。

男性って周りが放っておけないくらいの余程の美人か自分のタイプのゾーンでもない限りいきなり熱烈にアピールしてきません。

(こちらは特にモテるタイプでものないのに必要以上にゲイ出会えるアピールしてくるのは体目的の可能性もあるので注意が必要です。)

何もしないで恋愛には発展しません。

かと言って「今日空いてる?どっかいかない?」「連絡先教えて」なんて露骨にアピールしてしまうと体目的の男性に当たったり、
相手が引いて連絡来なくなったり面倒がられたりしてデートにもこぎつけれません。

話の中でさり気なく粉を撒くのがポイントです。

例えば婚活パーティーや友達セッティングの飲み会で、話しやすい男性が居ます。

そこで色々話しているうちにちょっといいなと思ったら、まずはいけるかどうか試してみます。

第一印象を良くするなら女子受けよりも男子受けするファッションで

2016-07-15_180802

彼氏を作りたかったらまずは第一印象アップが大事です。

男の人は見た目が大事、ひとめぼれで付き合うことも男の人は多いので女受けするファッションよりも男受けするファッションがいいです。

例えば色でいうと白かパステル調ピンク。

ピンクを着ることが苦手な人にとっては白がいいと思います。

白の色のイメージは清楚なイメージがありますので男の人にとってはまさに俺色にそめたいというイメージがわくようです。

また顔周りに白を持ってくることで顔うつりがよくなりますし、明るくなります。

またパンツよりも当然、ワンピースかスカートがいいです。

パンツは女子受けはいいですが男子受けにはやっぱりスカートかワンピースがいいです。

男子受けにはふわふわ、もこもこした抱きしめたくなるようなお洋服の素材も男子受けがいいです。

とにかく流行を意識したファッションよりもわかりやすいかわいらしい服装のほうがいいと思います。

また彼氏が長い間いない女友達よりは彼氏がたえることないもてる女友達と一緒に行動することをおすすめします。

もてる女子と一緒にいたほうがだんだん行動パターンが似てきますし、女子力が高いしぐさやファッション、積極的に出会いの場所にいって出会いを求めるなどすべてにおいて恋愛面でプラスになることが多いからです。

彼氏が長い間いない女友達の共通の特徴は外見はかわいいのに出会いの場所に積極的にいかないこともできない理由のひとつにあります。

そういう友達と一緒だと当然、合コンなど出会いの場所に自分もいくきっかけもなく縁遠くなります。

女の人は男の人と違いファッションやお化粧などでかわいくできるし華やかにできるのでそういった努力をすることと外見を磨いたら中身を磨くことも大事です。

また得意料理を作っておくこともいいと思います。

出会いの場面でお料理をするかしないかと得意料理はなに?と聞かれることもあります。

いざという時にその得意料理を男性に作ってあげることでそれがおいしければ男性はこの子は家庭的だという認識と彼女にしたいと思うきっかけができるからです。

あとは出会いの場面ではこの子を守ってあげたいという男心を刺激することです。

一人でも生きていけそうな女だなと判断されない為には少し天然っぽい言葉や行動のほうがもてるからです。

実際に私は出会いの場面ではこの方法でもてています。